法話・今月の言葉


生活の中の仏教

2022年09月

ありがとう

夏の『こどものつどい』のなかで子どもたちにこんな質問をしました。
「ありがとう」の反対って  なんだろう?

住職  ありがとうってどんなときに使うかな?
    何かしてもらったときや感謝の気持ちを伝えたいときに使うよね。
    では、ありがとうの反対はなんだろう。

Aさん 「ありがたくない」
Bさん 「ない、は無し。それ以外で。」
Cさん 「なんでそんなことするんだよ!」
全員  (笑)

住職  それは面白い答えだね。確かに「ありがた迷惑」って言葉もあるね。
    実は「ありがとう」の反対は「あたりまえ」です。

漢字で書くとよくわかるんだけど「ありがとう」は漢字で「有り難う」と書きます。
これは「有ることが難しい」ということ。有ることが難しいことの反対が「あたりまえ」というわけ。

でも、僕たちはなくして初めて「あたりまえはあたりまえでなかったのだ。」と気づきます。
電気もガスも水道も、僕たちがここにいることも、「あたりまえ」ではなくて「ありがたい」ことなのだと思います。

 

(こどものつどい 住職法話より 2022年8月22日)

一覧へもどる

◎葬儀・法要・墓地その他についてのご質問、ご相談はお気軽にお問合せください。

真宗大谷派 徳泉寺 とくせんじ

〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡3丁目10-3
TEL.022-297-4248
FAX.022-297-4381
E-mail tokusenji.sendai@gmail.com

住職 徳泉寺 第17世住職
関口 真爾 せきぐちしんじ
前住職 徳泉寺 第16世住職
関口 秀和 せきぐちひでかず

© 徳泉寺 All Rights Reserved.

ページトップに戻る