法話・今月の言葉

今月の言葉

親鸞聖人(しんらんしょうにん)

2022年08月

さるべき業縁のもよおせば いかなるふるまいもすべし

親鸞さんの言葉。「そのような縁がはたらけば、どんな振る舞いもしてしまう」という意味です。

私たちは心に思う通りではなく、縁(状況や環境)に左右されていく。

そんな右往左往する心を見つめ、縁をととのえていく大切さを感じます。

一覧へもどる

◎葬儀・法要・墓地その他についてのご質問、ご相談はお気軽にお問合せください。

真宗大谷派 徳泉寺 とくせんじ

〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡3丁目10-3
TEL.022-297-4248
FAX.022-297-4381
E-mail tokusenji.sendai@gmail.com

住職 徳泉寺 第17世住職
関口 真爾 せきぐちしんじ
前住職 徳泉寺 第16世住職
関口 秀和 せきぐちひでかず

© 徳泉寺 All Rights Reserved.

ページトップに戻る